ミュンヘン国際音楽コンクール:ハープの山宮るり子さんが堂々の第2位受賞


産経ニュース 
 ミュンヘン国際音楽コンクールで日本人2位 


21歳とのことですが、とても21歳とは思えない大人の雰囲気をお持ちの方の様です。 
日本での凱旋公演が楽しみです。これだけお美しい方ですと、音楽事務所関係者の争奪戦は激しくなるでしょう。 


ミュンヘン国際音楽コンクールは、超難関なコンクールとして有名で、なかなか第1位を出さないことでも有名です。特にホルン部門の優勝者からは超一流プレーヤーを続々と輩出しています。 

優勝者は、 
1956年:ゲルト・ザイフェルト 
1960年:1位なし 
1964年:ヘルマン・バウマン 
1969年:ノーベルト・ハウプトマン 
1973年:1位なし 
1978年:1位なし 
1983年:ラドヴァンー・ヴラトコヴィッチ 
1994年:ラデク・バボラーク 
2005年:サボルチ・ゼンプレーニ 

1位でなくても有名人はいる。以下、不明な情報もあり。 
1960年最高位(1位なしの2位):ペーター・ダム 
1969年2位:ズデニェク・ティルシャル 
1973最高位(1位なしの2位):ヨハネス・リツコフスキー 
1983年2位:マリー・ルイーゼ・ノイネッカ 
パイアット? 
1999年最高位:アレッシオ・アレグリーニ 
マスクニッティ? 
2005年2位:Renate Hupka、ルイ=フィリップ・マルソレ 
2005年3位:Christoph E゚ 

日本人はといえば、 
1994年2次敗退:竹村淳司 
2005年2次敗退:木川博史、武井早紀 

vivahorn * ホルン * 07:16 * comments(10) * trackbacks(0)

4連続

次回のOB交響楽団第173回定期演奏会メイン曲が決まりました。 




ブラ2 (ブラームスの交響曲第2番このと)




今年の春に赤ハリ(赤いハリネズミ管弦楽団)で演奏したばかり。 
2010-02-13 OB交響楽団第173回定期演奏会

最近、このパターンが大杉!! 


チャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」
歌劇「イーゴリ公」より 韃靼人の踊り
2007-11-25 武蔵野市民交響楽団第67回定期演奏会
2009-02-21 OB交響楽団第171回定期演奏会

ワルキューレの騎行 
2009-05-24 武蔵野市民交響楽団第70回定期演奏会(アンコール)
2009-10-18 OB交響楽団第172回定期演奏会

喜歌劇「こうもり」序曲は
降り番があり、かろうじて回避されたが、今回のこのブラ2 

何か呪われていません? 
おはらいの儀式が必要です!!
vivahorn * OB交響楽団 * 21:09 * comments(0) * trackbacks(0)

久しぶりのロシア人

 

本当は介護が必要なサイトーさんだけど、今日は何とか一人で帰れると豪語しちょります♪

vivahorn * OB交響楽団 * 23:05 * comments(0) * trackbacks(0)

ホルン、また二台買いました!!

     

ホルン購入ぐせが止まりません。二台も店頭で買ってしまいました。これでホルンは全部で9台になり、部屋はもう楽器であふれかえっています。どうしよう?
vivahorn * ホルン * 23:44 * comments(21) * trackbacks(0)

P905iからの初投稿

P905iから初めて投稿します。朝の会議前ですがとても眠いのでコーヒーショップでカフェラテを頂きました。
vivahorn * - * 08:11 * comments(0) * trackbacks(0)

音楽雑誌2つを立ち読みする。

今日は銀座、銀ブラ(ブラブラすることではないことを今日知りました)、本屋さんで立ち読み。

(1)音楽の友
MCSOの演奏会広告が出てました。しかし・・・
メインの「宇宙が」ありませんでした。
「第3組曲」から「木管楽器」までは書かれてあります。
んーー、無料の広告だからしょうがないかな。

(2)レコード芸術
といっても、レコードの広告はない。
ラトルの「惑星」が出ていたが、普通「海王星」までのところ
「冥王星~再生する者」
「小惑星4179~トゥータティス」
「オシリスに向かって」
「セレス」
「コマロフの墜落」
以上5曲が追加されていました。なかなかサービスが良いですね。

先日、国際天文学会で
「セレス」(火星と木星の間にある小惑星)
「カロン」(冥王星の衛星)
「2003UB313」(第10惑星)
の3つが太陽系の惑星として追加される見込みだったが、先程のニュースでは、これらを追加するどころか、長年親しんできた冥王星を惑星の地位から外そうとする動きがあるそうです。なんでも、小さすぎるからとか。明日あたり、「太陽系の惑星は8個」と最終決定がされる模様。

ホルストの「惑星」どおりになっちゃった。

いっけねーー、「地球」はなかった。
vivahorn * CD評 * 23:56 * comments(0) * trackbacks(1)

大人買い

Mさんの日記に書かれたあった「大人買い」の意味が判らなかったので調べました。

大人買い

ふむふむ、これまでに結構大人買いしていたなと感じました。最近では「のだめ」全巻をヤフー!オークションで買っている。しかし私は、大人買いしたのはいいけれど、自分のものにした安堵感、達成感で一杯になり、読まない・聴かない・見ないものがある、そういった傾向は確かにある。

そんな中、HMVのMLから次の様なお誘い広告が・・・

ベルリン・フィル自主制作CD (12タイトル)

内容の素晴らしさを考えると値段は格安であり、ベルリンフィル大好き人間の私にとっては格好の大人買いターゲットです。

これを御覧の皆様も大人買いするんじゃないですか?
vivahorn * CD評 * 07:21 * comments(0) * trackbacks(0)

おめでたい話し

蒸し暑い日が続きますねぇ。今日も会社のクーラーが壊れているので、不快指数100%状態。仕事の効率は極端に落ちる。この様な日は生ビールに限る。

「ミュンヘン・サッポロ・ミルウォーキー」これはビールで有名な街の名前です。ミュンヘンはドイツ、サッポロはもちろん日本、そしてミルウォーキーはアメリカのウィスコンシン州で、郊外にMillerのでかい工場がある。

そしてミルウォーキーには「神田めぐみ」さんという女性トロンボーン奏者がいる。彼女はミルウォーキー交響楽団の首席奏者でもある。
めぐみ1めぐみ2

プロフィール(1):ミルウォーキー交響楽団HP
プロフィール(2):CD
プロフィール(3):コンサート
プロフィール(4):学生時代のコンクールで優勝
プロフィール(5):親戚の人
プロフィール(6):お弟子さんのブログ
プロフィール(7):私の記事

3年前に、実際に舞台でお見かけしてから注目はしていたのですが、昨日なにげなくネット検索をかけていたら、「2年前に外人と結婚、今年4月にお子様が生まれた」との情報を得た。旦那は元ロチェスターフィルの首席ホルン奏者。元の職場での出会いか?

ショック!!!

でも、体調を整えて、早く現場復帰して頂きたいと思います。もっともっと女性管楽器奏者が世界に羽ばたいて欲しいし、その先駆者としていつまでも活躍して下さい。
vivahorn * ホルン * 05:29 * comments(0) * trackbacks(0)

黒のホルン

明治のホルン








「黒のホルン」誕生!

だいぶ前に普通のホルンが発売されましたが、今回は「黒のホルン」。明治製菓のHPを見たら、(NEW)2006-7-25発売だそうです。残念ながら、昔のホルンは見当たりませんでした。

ホルンの色は、使われる金属の種類によって「赤」、「黄」、「シルバー」などがあります。実際の楽器では色のバラエティは無理ですが、次はホワイトチョコレートで「白のホルン」を作って戴きたい。
vivahorn * ホルン * 22:02 * comments(0) * trackbacks(0)

コンクール

2006コンクール
東京都吹奏楽コンクール(職場・一般の部)に参加しました。
一般の部は、5日に15団体、6日に24団体で合計39団体。仕事とはいえ、審査員の皆さん、お疲れ様でした。審査員5名のうち、知っているのは佼成の打楽器・辰野さんのみ。 余談ですが、N響のエキストラとして昔よくお見かけした山口さんは佼成に入団していたんですね。知りませんでした。
 
 
39も団体がいると自由曲もバラエティーに富んでいます。私が知っている作曲家の作品を見てみると、
  <マリアの樽谷雅徳>
   ○ マゼランの未知なる大陸への挑戦
   ○ 民衆を導く自由の女神
  <宇宙のスパーク>
   ○ フィエスタ
   ○ カレイドスコープ
知っている日本人の作曲・編曲家は、真島俊夫、天野正道、保科洋、大栗裕、林紀人と樽谷雅徳を含めて6人のみで、知らない人は13人もいる。勉強不足だ。
編曲ものは13団体のみ、あとはオリジナル曲。

あと特筆すべき点は、R・シュトラウスのティルを演奏する団体がいた。ホルンに自信があるのだろうか?A・リードは1団体のみで、アルメニアンダンスパート機寂しいですね。 私が全然知らない曲が21曲と約半分あった。まだまだ勉強不足ですな。

選曲の傾向分析はそれくらいにしておき、一番肝心なのは私が出た団体の結果は・・・銀賞でした。人数が40人にも満たない割には頑張った方ではないでしょうか。
演奏者の皆様、お疲れ様でした。来年は金賞を取れるように頑張って下さい。まずは、人集めからですね。
vivahorn * WCWE * 23:13 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ